Tap to close

腰痛を悪化させる体操?!

本院アクセス

ひなた接骨院・整体院大徳院ひなた接骨院・整体院大徳院

腰痛を悪化させる体操?!

ひなた接骨院の院長
黒川です。


腰痛でお悩みの方はたくさんおられます。

少し調べてみたところ
全国で1000万人以上の方が
腰痛でお悩みだそうです。

簡単にいうと
10人に1人が腰痛
ということになります。


さらに調べてみると
職場で発生するケガや病気の中では
なんと、60%以上が腰痛でした。


日本では本当に腰痛でお悩みの方が
多いことが分かります。


もしかしたら、あなたは
今は腰痛ではないかもしれません。

腰の事なんか全然気になりません。

と思っていても、実は注意が必要なのです。


逆にあなたが腰痛でお悩みだとしらた
この動画をぜひチェックしてみてください。


(実は腰痛を悪化させる体操)


動画でもお伝えしていますが、

腰が痛い時、ほとんどの人が
背中と腰の辺りを「トントン」と
叩いています。

叩いてみると、何かしら
腰の痛みが薄れるように感じます。

実際に整体院とかに行ったとき
同じような事をするところもあると思います。


ですが、実はこうしてトントンと叩くことは
腰にとって大きな負担となっているのです。


腰を叩けば叩くほど、腰の筋肉は
硬くなっていきます。


腰痛は

『腰の筋肉が硬くなっていること』

がそもそもの原因の1つだったりします。


このため、背中や腰を叩いて
筋肉を硬くしてしまったら
結局、腰の痛みをやわらげるどころか
さらに酷くしてしまうかもしれません。


では、どうすればいいか?


それは、背中や腰ではなく
お腹を「トントン」と叩いてあげるのです。


腰とお腹は身体の中の
裏と表になります。


腰の筋肉が緊張すれば
お腹の筋肉が緩みます。

お腹が硬くなってしまうので
腰が頑張ってしまって痛みがでます。

反対に、
お腹の筋肉が緊張すれば
腰の筋肉が緩みます。


腰の筋肉が緩むと自然と
痛みはやわらいでいくのです。


ただ、この話だけだと

「黒川さん、ホントですか?」

と信じれないと思います(笑)


そこで、ちょっと実験をしてみてください。


足を肩幅に開き、腰に手をあてて
身体を後ろに反らします。

その時に

1) お腹を叩いた時にどこまで反れるか?

2) 背中、腰を叩いた時にどこまで反れるか?


この2つを比べてみてください。


驚くくらいに
お腹を叩いたときの方が
反らすことができます。


ただ、この方法は腰を叩いて
少しきつい状態で身体を反らすことに
なるので、あまりしないでください(笑)

腰が痛いとき、ついつい
背中や腰をトントンと叩いてしまいがちですが
これが逆に腰を痛めることに
つながってしまいます。


毎日、デスクワークで座りっぱなしの方
立ち仕事で足、腰がカチカチになってしまう方
営業などで歩き回っている方
など、腰に負担をかけている方は要注意です。


「疲れた〜!」

と言いながら、
腰をトントンと叩きたくなると思いますが
これからは、

お腹をトントンと叩いて

ください。


本来は体操をすることで
痛みをやわらげることができるはずですが

間違ってしまうと、結果として
痛みを増やしてしまうことになります。


ぜひ、痛みをなくして
元気よく楽しく動ける生活を続けましょう!

それでは本日もお読みいただき
ありがとうございました。


ひなた接骨院 院長 
黒川 法慶


———-
追伸
———-
念のため、動画のリンクを貼っておきます。

(実は腰痛を悪化させる体操)

 

======================
ひなた接骨院

■受付時間
(平 日)午前8時30分〜午後8時
(土・祝)午前8時30分〜午後3時

■電話番号
076-225-7705

■住所
石川県金沢市畝田西3ー187

■ホームページ
https://www.hinata-youtsuu.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/hinata0411/

■エキテン
http://www.ekiten.jp/shop_6006588/

 

ご予約・お問い合わせ

  • 電話予約
  • ネット予約
  • LINE@

時間